北海道(知床半島)観光船の浸水原因・理由はなぜ?天候悪化と座礁の可能性も?【知床遊覧船】

スポンサーリンク

2022年4月23日に北海道知床半島の沖合で観光船が浸水したというニュースが報じられました。

とても心配な悲しい事故の報道ですが、なぜ浸水したのか原因が気になりますよね。

そこで今回は、

  • 北海道・知床半島で観光船が浸水
  • 北海道・知床半島の観光船の浸水原因はなぜ?
  • 北海道・知床半島で観光船が浸水に世間の反応は?

というテーマでご紹介していきたいと思います!

それでは、早速本題に入りましょう!

スポンサーリンク
目次

北海道・知床半島で観光船が浸水

2022年4月23日に、北海道知床半島の沖合で観光船が浸水したというニュースが報じられました。

観光船は23日午前10時に斜里町ウトロの港を出航して知床岬で折り返し、午後1時にウトロの港に戻る予定だったそうです。

浸水場所は、北海道斜里町の『カシュニの滝』と呼ばれる場所の近くの海域です。

報道によると、23日午後1時15分頃に知床半島の沖合で観光船『KAZU 1(カズ・ワン)』の乗員から『船首部分が浸水し、沈みかかっている』と通報があったそうです。

乗客と乗員合わせて26人が乗った観光船での浸水事故ですが、なぜ起こったのでしょうか?

スポンサーリンク

北海道・知床半島の観光船の浸水原因はなぜ?

胸が痛い海難事故ですが、北海道・知床半島の観光船の浸水原因が気になりますよね。

現時点では、まだ浸水原因が特定されていませんが、浸水理由として以下の可能性が考えられるようです。

  • 悪天候で波が高かった
  • 機械故障のトラブル
  • 暗礁による座礁の可能性
  • 昨年事故にあっていた

順に見ていきましょう。

悪天候で波が高かった

浸水原因の一つに、悪天候によって波が高かったということが挙げられます。

4月23日の現場周辺の北海道網走地方には波浪と強風の注意報が出ていました。

また、北海道東部では昼ころから3メートルの高さの波があったとのこと。

気象庁によりますと、オホーツク海ある低気圧の影響で、北海道東部では午前中から次第に風が強まり波も高くなっていて、昼ごろからは波の高さが3メートルほどだったとみられるということです。

引用:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220423/k10013595351000.html

北海道斜里町周辺で漁にでた船も午前中で港に戻っていたそうです。

また、知床半島沖の別の観光船の方は以下のようにも語っています。

北海道の知床半島沖を航行する別の観光船の船員の男性はNHKの取材に対し、現場の「カシュニの滝」周辺の海域について「北風が強くなると、波が高くなる」と説明し、23日の海の状況については「昼頃から急に波が高くなったようだ」と話していました。

引用:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220423/k10013595351000.html

『カシュニの滝』周辺の海域は北風が強いと波が高くなり、事故当日の海は昼から急に波が高くなっていたそうです。

機械故障のトラブル

また、浸水原因に機械故障のトラブルの可能性も挙げられます。

低気圧の天候が分かっていたので危険性が予測ができたのでは?とも疑問に思うところですが、現地で釣り船を営んでいる方は以下のようにも語っています。

佐藤さんは当時の海の様子について「午後からしけるという予報で、そのとおりに波が高くなってきていたが、船が走れないほどではなかった」と話していました。

そのうえで「自分の船よりも大きい観光船が航行できなくなるほど荒れた海ではなかったと思うので、機関故障などのトラブルがあったとしか考えられない」と話していました。

引用:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220423/k10013595351000.html

この方は午前5時からウトロ漁港を出向し、午後0時半ごろまで1キロほどの沖合に出ていたそうです。

天気予報で午後から悪天候になることがわかっていたそうですが、『KAZU1』の観光船が航行できないほどの荒れた海ではなかったとのこと。

ちなみに、『KAZU1』は定員65名の小型観光船なんだそうです。

⬇『KAZU1』の画像はこちら!

小型観光船ではありますが、航行できないほどではないと思われているようで、そのため何かしらの機械故障のトラブルがあったと推測されているそうですね。

暗礁による座礁の可能性

また、浸水原因に暗礁による座礁の可能性も挙げられます。

報道によると、浸水現場のカシュニの滝付近では

  • 潮の流れが速い
  • 暗礁がある

という危険な場所とも言われていました。

暗礁とは:海中にかくれていて見えない岩

縦30m×横10mの大きさの暗礁があるそうで、地元の観光船は十分に注意しながら航行しているようです。

さらに、この海域は北西の風が吹くと波が立ちやすく、操縦が難しいとのこと。

実際に、この海域では観光船による事故が度々発生しているそうで、以下のような事故もあったそうです。

 2005年6月には、知床岬灯台沖の「観音岩」付近で、遊覧航行していた観光船が岩に乗り上げて座礁し、航行不能になる事故が発生。この船には観光客32人が乗船しており、うち26人が床に投げ出されるなどして重軽傷を負った。

19年6月には小型観光船が航行中、 操舵そうだ ミスで船体が大きく揺れ、乗客37人中6人が転倒して肘を骨折するなど重軽傷を負った。

引用:https://www.yomiuri.co.jp/national/20220423-OYT1T50223/

高い確率で座礁事故があった海域であったため、さまざまな要因が重なって起きてしまったのかも知れませんね。

過去の事故で船が損傷していた

また、今回事故にあった『KAZU1』は2021年6月に出港後に座礁事故を起こしていたとのこと。

そして、船が損傷していた上に修理出来ていなかったそうです。

「あの船は去年座礁したことがあり、自分が見たかぎりでは船の前方が割れていて直していない。そこに亀裂が入って水が入ったのかもしれない」

引用:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220424/k10013596181000.html

これが本当だとしたら、危険性は元々高かったのかもしれません。

しかし、2022年4月20日に行われた船舶検査はパスしていたとも報道されています。

今後は明確な浸水の原因を調査し、真相解明してほしいですね。

スポンサーリンク

北海道・知床半島で観光船が浸水に世間の反応は?

スポンサーリンク

まとめ

今回は、北海道(知床半島)観光船の浸水原因・理由はなぜ?天候悪化と暗礁の可能性も?というテーマでご紹介していきました!

浸水原因として、

  • 悪天候で波が高かった
  • 機械故障のトラブル
  • 暗礁による座礁の可能性

という可能性が挙げられているようです。

とても胸が痛ましい事故ですが、真相はきっちり解明してほしいですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる