ストーリー

甲子園出場を目指すエースの波風一輝(西村一輝)は高校中の人気者だった。
しかし、突然、白血病で倒れた母(さとう珠緒)の看病と入院費を稼ぐため野球部を辞めてしまう。
ミュージシャンの夢を追いかけ家庭を顧みない父(はなわ)に対しても反発し心を閉ざしていく。・・・
ある日、転校してきたRISA(永尾まりや)は人気アイドルだった。一輝が記憶を辿っていくと、RISAは幼少期の
初恋の相手だとわかり次第に心を惹かれていく。夢を諦めた一輝と夢を掴み我武者羅に生きるRISA。
そんな一輝は、病床の母の一言で芸能界を目指し、「東京ボーイズコレクション」に出場する。
父が母にプロポーズした「愛の唄」を一輝がRISAに贈る時、離れていた想いが結ばれ
一輝は新しい夢への第一歩を踏み出すこととなるが・・・。